スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン2日目

直売所オープン2日目。

DSCN0677_convert_20110912012050.jpg

今年は臨時で場所をお借りしての営業ですので、こんな看板出してやってます。
もちろん私の手書き。

今日は新規のお客様がたくさんいらして下さいました。
「また来週来ます」、「覚えたから、来年もよろしく」などとうれしい言葉をかけて下さる方もおられました。

箱でお買い上げいただいた女性のお客様が、「男性はあまり気に留めないかもしれないけど、かわいい箱ですね。ぶどう箱という感じではなくて、洋菓子でも入っていそう」と、段ボール箱のことを誉めて下さいました。
試行錯誤して作った私にとっては、この上ない誉め言葉です。

さてさて・・・
この直売所は作業場も兼ねているので、直接買いに来てくださるお客様への販売だけでなく、ご注文いただいた分を梱包・発送する作業も行っています。

夫がその日に出荷する量を見込んで、早朝に畑から収穫してきます。
朝まだ気温が低いうちに収穫したほうが、鮮度が長く維持できるからです。
その日に採ってきたぶどうを計量・梱包し、当日中に出荷します。本州だと翌日にはお客様にお届けできます。

房は、袋がかかったままの状態で収穫してきます。
収穫してきて、作業場で袋を取るまで、房の出来はお楽しみなんです。
袋を取ると、房が大きい・小さい、形が良い・悪いなどさまざまです。大きくて形の良い房が出てくるとテンション上がります。
それを大きさや見た目の美しさで区分していきます。

今日収穫してきた中に、すごいのがありました。

DSCN0678_convert_20110912012132.jpg


重量530gの巨峰の房。包装用の袋に入れたところです。今年はもうお目にかかれないのではないかというくらい重量、見た目共に最高のものです。

今年は長野県全体的に巨峰の房一つ当たりの重量が少ない傾向にあり、400gを超えるとかなり大きい房になります。当園でも400g超の房となると、だいぶ限られてきます。500gを超えた房は今日初めてお目にかかりました。
やっぱり迫力ありますし、持ってみるとかなり重量感あります。

この房は重いだけではなく、粒の残し方も絶妙で、粒同士が押し合うことも、かといってスカスカでもなく、きれいに粒が大きくなって、全体として非常に形のきれいな房に仕上がっていました。
生産者としては、こんな房を多く作れるよう技術を向上させたいところです。

この房は当然どなたかの元へ送られるわけですが・・・どなたのところへ届いたでしょうね。来年はこんな房を多くのお客様にお届けしたいものです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

役立つブログまとめ(社会貢献): 長野県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓

長野県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

傑作が出来上がってそれがどなたかの笑顔になる。醍醐味でしょうね!今後お客様からしたら、最初に届く葡萄は一年待っての再会になってくるでしょうから、届いた箱を見た時からワクワクするでしょうね

葡萄っていいですね。他の作物より房作りなど作品の趣が強くありますね。とても感性が求められるお仕事だなと思いました

コメントありがとうございます!

>ウズリさん
昔からぶどうは芸術作品のモチーフとして取りあげらることも多く、見た目にも美しい果物ですね。
まだ房が小さいうちから形を作っていきますから、出来上がりの姿を想像しながら、感性と経験が求められる仕事でもありますね。
来年は味も形も良い房がたくさんできるようにしたいです。
プロフィール

お蝶夫人

Author:お蝶夫人
2010年秋、新規就農者として東京から長野県生坂村へ移住してきました。
夫と共にぶどう農園「ぷてぃ・べるじぇ」を営んでいます。
元陸上自衛官。2男児の母。
FCAJ公認フードコーディネーター3級

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。