FC2ブログ

棚付けを行っています

気がつけばもう3月下旬。季節は確実に廻っています。
ぶどうの幹に巻いていた藁も、取り外しました。
まだまだ朝晩は氷点下に冷え込みますが、木はちゃんと春を感じているみたいです。

木に水が上がり始めたらしく、切ったばかりの太い幹から、樹液があふれ出しました。


DSCN0114_convert_20110329160441.jpg


幹の下のほう、透明の液体がしたたっています。地面に落ちた量を見てみると、相当な量です。

実は、この樹液、保湿成分が豊富でエステや化粧品でも使用されているそうです。
ためしに手に塗ってみました。


DSCN0116_convert_20110329160505.jpg

あら、なんかすべすべする?気のせい?
よ~し、かぶれたらその時はその時で。思い切って顔にも塗布。
やっぱりすべすべするかも!
塗ってから半日以上経ちますが、特に異常なし。

ネットで調べたら、樹液を使った手作り化粧水の作り方が紹介されていました。
これで化粧品代も助かるかも!

剪定は先日無事終了したので、次の作業に移行しています。
今は「棚づけ」といって、枝を棚に固定する作業を行っています。

DSCN0090_convert_20110328203531.jpg


青いテープで枝が止められているのが、見えますでしょうか?わかりにくくて、すいません。
どうしてこのような作業をするかというと、枝が重ならないようにするためであったり、いずれ房がついたときに枝が風であおられて、房が傷つかないようにするためでもあるそうです。

枝の固定には「テープナー」という器具を使って、専用テープで止めていきます。

DSCN0089_convert_20110328203458.jpg

剪定ほどの時間は要しませんが、膨大な枝の数があるので、思った以上に時間がかかります。上を向いて手を挙げたままなので、態勢がつらいです。おかげで肩こり。
これから収穫までは、色んな作業が目白押し。どれも初めてのことなので、一つ一つが勉強です。
スポンサーサイト



プロフィール

お蝶夫人

Author:お蝶夫人
2010年秋、新規就農者として東京から長野県生坂村へ移住してきました。
夫と共にぶどう農園「ぷてぃ・べるじぇ」を営んでいます。
元陸上自衛官。2男児の母。
FCAJ公認フードコーディネーター3級

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク