FC2ブログ

種にもこだわっています

先日発芽が確認されたほうれん草と小かぶは、その後さらにたくさん出てきて、今では一目でそれと分かるほどになりました。

ほうれん草と小かぶは、前述の通り、種を蒔いて育てています。
実は、我が家で使っているかぶの種にもちょっとしたこだわりがあります。
それは、「固定種」と呼ばれる種類の種を使用していることです。

日本で栽培され、売られている野菜の多くが、「一代交配種(F1品種)」と呼ばれるものです。
「一代交配種(F1品種)」とは、簡単に言えば、優れた性質を持った親同士を交配させて作り出した一代目の雑種のことです。このようにして作り出された雑種は、遺伝上(雑種強制の法則と言うそうですが)、親よりも優れた性質を持っています。F1品種は、生育や形状が優れているのですが、反面その子孫に優秀な性質が受け継がれるとは限らず、子孫を残せない一代限りの品種です。

F1品種を使用する利点としては、生育が均一でそろいやすいということ、成長が早かったり、病気に強かったりすることなどがあげられます。
通常、農家は生産計画を立て、それなりの収量を上げなくてはならないのですから、F1品種が広く栽培されているのもよく理解できます。

代わって、「固定種」とは、人為的な交配をせず、固定された性質が親から子へ受け継がれる品種です。在来種はほとんど固定種と言っても良いくらいで、F1品種が登場する以前は、固定種を育てていたわけです。
その種類固有の性質が作られ、親から子へ受け継がれてきたものなので、その種子を採取して蒔くことで次の栽培が可能です。そして、味や香りが抜群と言われています。
ただし、F1品種のように生育が均一でなく、成長も遅かったりするので、今ではF1品種に押されてしまっているのが現状です。

そうしたことを知っていく中で、ぜひ我々も固定種を栽培してみたいと思うようになりました。
交配を重ねた野菜は、もしかして、野菜本来の味を持てなくなっているかもしれないと考えたからです。
スーパーで売られている、見た目のきれいな野菜ばかりを食べてきた私たちは、もしかしたら野菜の本当の味を知らないのかもしれないのです。
自分たちで野菜を栽培するからには、本当においしい野菜を作ってみたいものです。

ところが、現在の日本では、固定種を扱う種屋さんも少なく、我が家も埼玉県にある固定種を扱う種屋さんを探して買いました。
そうやって入手して畑に植えたのが、「みやま小かぶ」の種子です。
みやま小かぶは無肥料・無農薬でも育つほど強い上に、柔らかくて甘く、おいしいのだとか。

上手に育てられたら、この種子を採取し、繰り返し育ててみようと考えています。
正直、今までF1品種だの固定種だの、意識したことがなかったので、その味がどう違うのか、すごく気になります。



※上記の内容は各種資料を参考にして記述しておりますが、誤りや誤解を与える表現がござましたら、ご指摘ください。

スポンサーサイト



プロフィール

お蝶夫人

Author:お蝶夫人
2010年秋、新規就農者として東京から長野県生坂村へ移住してきました。
夫と共にぶどう農園「ぷてぃ・べるじぇ」を営んでいます。
元陸上自衛官。2男児の母。
FCAJ公認フードコーディネーター3級

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク