FC2ブログ

この木、何の木?

収穫も終わり、一段落。
ここのところめっきり冷え込むようになり、先日の朝の最低気温はなんと3℃(まだ10月ですよ!?)。
かと思えば、日中は20℃まで気温が上昇して、激しすぎる寒暖の差に、人間は参ってしまいそうです。

しかしながら、高地特有のこの寒暖の差が、ぶどうに甘みと濃厚な味わいをもたらしていると言えるようです。
今年の当園の巨峰の糖度は21~22度。巨峰の糖度は通常18度程度といいますから、生坂で育てられたぶどうがいかに甘いか、私たち自身も驚くほどでした。

さて、ぷてぃ・べるじぇの畑は、今年巨峰やシナノスマイルを収穫した畑のほかに、もう一枚畑があります。
この畑にはいくつかの品種の幼木や苗木が植えてあります。

この畑をもらったとき、「これは、ナガノパープルの畑だよ」と言って渡されました。
ぶどうの木は、実がなってみないと品種の違いはわかりにくいのです。
なので、夫は「これはナガノパープルだ」と信じてせっせとお世話をしていたわけです。

実がなって、成熟が進み始めた時、この畑に異変が起きました。
いくつかの木だけ、実が赤いのです。
ナガノパープルは巨峰と同じく黒系のぶどうです。なのに赤いなんて・・・。

最初は生育不良だとか、病気だとかいう話もありました。
いよいよ成熟を迎えた時になって、初めて気がつきました。
「これは、品種が違う!!」

では、これは一体何なんだ?ということになり、外見を観察したり、食べてみたりした結果得た結論は・・・
「これは、安芸クイーンだ!」

安芸クイーンはシナノスマイルと同じく、色の美しい赤系のぶどうです。
ジューシーでまろやかな甘みのぶどうで、粒が卵のような形をしています。

今年できた安芸クイーンは、私達がちょこちょこつまみ食いをしたのと、たまたま採ってきたのを直売所に置いたら、「これはうまい!」と全部をお買い上げ下さったお客様がおられたので、それでなくなってしまいました。

というわけで、図らずも来年は、ナガノパープルと共に、安芸クイーンもお届けできる予定です。
どちらも木が少ないので、限定発売となる見込みです。
来年をお楽しみに♪
スポンサーサイト



品種紹介 ~シナノスマイル~

私の大好きな品種のうちの一つである「シナノスマイル」をご紹介します。
「私が好きだから」という理由だけで、ぷてぃ・べるじぇの畑にシナノスマイルの苗木がたくさん植えられたくらいです。

「シナノスマイル」はその名の通り、長野県で開発された品種です。まだまだ流通量は少ないと思います。
粒は大粒の立派な赤ぶどうです。
巨峰と同じく果汁の多いジューシー系のぶどうですが、巨峰ほど濃厚な味ではなく、あっさりとした上品な甘みです。
皮と実の離れが良く、むいて食べやすいのもうれしいです。

さらに、色がとっても素敵なんです。
赤ぶどうの赤と言ってもいろいろですが、シナノスマイルはピンクかかった鮮やかな赤色で、それがなんとも乙女心をくすぐります。

DSCN0723_convert_20110918225732.jpg

色が美しく、大粒で見栄えがすることから、プレゼントにはぴったりだと思います。

「ぷてぃ・べるじぇ」の畑には、少ないですがシナノスマイルの成木があります。
肥大期に雨続きだったため、同じ赤ぶどうのロザリオロッソは裂果が多く見られましたが、シナノスマイルは比較的順調に成育し、粒は大きく色もきれいにつきました。

販売開始は、生坂村の直売所では9月23日(金)(ただし、午後のみ)の予定です。25日(日)のハピマルシェにも持参します。1房からご購入いただけます。
オンラインショッピングでは、9月26日(月)から、巨峰と組み合わせて、「シナノスマイルと巨峰の詰め合わせ」として販売いたします。シナノスマイルのピンクかかった赤と巨峰の濃い紫のコントラストがとても美しい詰め合わせです。食べ応えもあると思います。

シナノスマイルファンが増えたらうれしいなぁ♪




プロフィール

お蝶夫人

Author:お蝶夫人
2010年秋、新規就農者として東京から長野県生坂村へ移住してきました。
夫と共にぶどう農園「ぷてぃ・べるじぇ」を営んでいます。
元陸上自衛官。2男児の母。
FCAJ公認フードコーディネーター3級

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク